名前を呼ぶという言霊の送り方

IMG_5395

Facebookのタイムラインにでていた記事に絡めた気付きの話を。

まずはこの記事を。〜引用ここから〜
ポーラ化成工業は9月30日、普段、「ママ」「△△ちゃんのお母さん」などファーストネーム(名前)で呼ばれていない女性に対して、初対面の人間がファーストネームで呼びかけたところ、愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が増加すること、ならびにストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が減少することを見出したと発表した。

同成果の詳細は、2014年12月17日から山口県下関市で開催される「ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム2014」にて発表される予定だという。

女性は名前で呼ばれることで愛情ホルモンの「オキシトシン」の分泌が増えるとのことです。幸せを感じるホルモンが「オキシトシン」とのことです。「オキシトシン」はいろんなカタチで出てくるようです。ふれあったり、スキンシップでも出てきます。いい香りを嗅いだり、体を温めたりしてもでてきます。好きな人から抱きしめられると幸せになるということのようです。そして今回、名前を呼びかけても「オキシトシン」が分泌される発表がでてきました。

こちらから記事の一部お借りしました。
〜引用ここまで〜

私は教えていると名前に先生を付けて呼んでもらいますし、この国ではニックネーム(ねこ)と呼ばれていますが、不思議と私のことを名前だけで呼ぶ人がこの世にほとんどおりませんでした。亡くなった母ぐらいでしょうか。

パートナーがはじめて名前を呼んでくれたときに、なんだか身体の力が抜けるような幸福感を照れくささと一緒に感じたのを今でもリアルに覚えています。ふくれている時に名前を呼んでくれさえすれば機嫌が直るぐらい。笑 

自分を一人の人間として扱ってくれていると感じるとかそういう説明を読んだこともありましたが、今回の記事でかかれている「スキンシップ」や「好きな人に抱きしめられる」ことと同じホルモンが分泌されるという内容が腑に落ちました。

私が持っている「名前を呼ばれる」ことで感じる幸福感はこの調査にあるように「脳」ではなくて「魂」とか「皮膚感覚」での幸福感だからです。ただ、名前を呼ばれるだけなのに、その幸福感は色あせることがありません。

「言霊」として自分の「名前」を考えたとき、自分そのものを音にしたものが「名前」と考えられます。たくさんの思い入れを経て自らに馴染んで来た自分という存在そのもの=「名前」が大切な人の声という「音」で自分の「魂」に運ばれてくるのです。

まさしくそれは「好きな人の声で魂を包まれる」ような心持ちになることは想像に難くなく、相手が自分を思って名前を呼んでくれればくれる程、「名前」=「言霊」のパワーが愛に満ちたものなのだということが改めてわかりました。

ニックネームであれ、ペンネームであれ、多少なりとも自らを映す鏡ではあります。少なくとも私は自分の名前の好悪を超えて、自分がこの名前で生きていくのがよい、愛すべき名前であり、何より人生にふさわしい名前なのだと思えるようになりました。それまでは名前に執着がなく、むしろ名前は適当に変えてしまえばいい、と思っていた私の大きな変化でした。
そのきっかけのひとつはやはり名前を呼ばれて照れくさい程の幸福感を感じたことに端を発するのだと思います。
私は他の何でもない、この名前の波動と魂が一致している、そう気付かされたのです。

言霊と波動、名前の関係はまさしく他人からの愛や好意を自分の中にしみ込ませていく作業に似ています。私が一番苦手なもののひとつですが(笑)名前を呼ばれるということを通して、少しずつ慣れていっているのかもしれません。同時に、大切な人の名前をこれからも愛と尊敬を込めて呼んでいくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です