花輪飾り

4011s

 

私は小さい頃から不器用で。

この国に来たときに、それを何とか克服するきっかけになったのがこの花輪作りかもしてない。

学校で一番怖いと恐れられていたカンチャナー先生が日本でいう家庭科の担当で。まずは日本ではわりと高級だけれど、こちらでは安価に売られているデンファレが目の前にどんと置かれて、『花びらを外して同じ大きさに整えなさい』といわれる。

どうにかこうにか整えると、串焼きに使うような長い針で折り畳んだ花びらを一枚一枚均等に並べていく。均等に並んでないときれいな曲線を描かないので、これが最初は上手く行かない。

なにより、花びらをうまく折り畳むことすらできないのだから困ったもので、『あんたは不器用ね』といわれながらようやく小さな花輪を作ることができた。

こつがわかって来て集中してやれるようになると、無心にこれを作るようになった。
花輪飾りのデザイン本などまで買って、いくつもの花びらや葉を組み合わせた模様のものを作ったりするようになった。

花輪の房に使う花を家の近くで摘んでいったりと、手芸、とは言わないのだろうけれど一時期は楽しんでやったものだ。

忘れられないのは母の日の花輪。この国で母の日の花はジャスミンなので、ジャスミンの花で豪華な花輪を作ってこちらでお世話になっているお家のお母さんにプレゼントをした。

帰国前には、学校の友達のラン農家にデンファレを卸値で売ってもらい(自転車に乗らないほど大量だった)、学校で習った先生全員に花輪を作って送ったのも忘れがたい。

私にこの国の言葉を教えてくれた先生は、私が帰国したあと5年程はすっかり枯れた花輪を自室に飾ってくれていた。

この国では公式の場で感謝や歓迎を表すときには花輪を送る。この国のやり方で不器用な私なりに感謝を表したかったのかもしれない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です