浄化、メンテ、感謝というサイクル。

心身をきれいにする方法ってなんだろうと思う。

単純に私はシャワーやお風呂に何度も入ることだと思う。
お塩で体中を洗い流せばなおいい。

何度も水を浴びることでの浄化作用って実はバカにならないと思っている。
外の社会で得たもの、自分の中に芽生えたもの、見聞きしたもの、あらゆるものを落とすつもりで洗い流す。

だから私は一日に何度も浴びる。
浄化というのは告解、許しを請うという行為にも似ている。

清浄な自分でいたいという願いもこもっているものでもある。
清浄な自分というのはいろんな意識に偏らない、曇らない眼でみたものを元に思考し、決断できる自分ということ。

自分の身体を愛しましょうとか、感謝しましょうっていうのもよく最近は耳にする。
自分の臓器に毎日ありがとうって臓器にサマ付けしてFacebookに載せられている方もいる。

私にとって、感謝とか愛っていうのはメンテナンスするということとイコール。
だって大事にしてるから、長持ちさせたいし、ありがとうって思っているから、手をかけてあげたい。
すごく自然に生まれる気持ち。

メンテナンスしないってことは愛がないってこと。身体を愛するとか感謝するっていうのは私にいわせるとクリームが一瓶あればいい。全身をあちこちのばしたり、ねじったりしながら、くまなく塗っていると、何が悪いのかわかる気がする。ありがとうございますと言いながら、塗っていけばいい。メンテナンスと保湿で一石二鳥でもある。

これが習慣化していくっていくこういうことなんだろうと思う。
毎日の中に当たり前に取り込まれていくもの。
その結果自らを強く高めていくもの。
だけれど、継続には意思や目的が伴うもの。
目的や意志がないと継続させられないから、これにはある程度の訓練というか積み重ねを要する。

身体との対話、っていえばいいのだろうか。メンテナンスというのはくまなくみる、という役割も備えているから、そう言う気持ちで楽しめるなら、補うべきものが何かは自然とわかっていくはずだ。自分の身体だから。

体内に入れるものの選択もものすごく大切だとは思うけれども、こと「浄化」という観点と「メンテナンス」をサイクルの中に入れることが結果的に心身の安定だったり、いろんなものから自分を守るためには必要なことなのではないかとも思っている。

それは自分の中に聖なる領域を常に生み出す源泉のような行為でもある。

このように浄化された自分が、カミサマノイウトオリな働きができるようにという祈りをこめて。

一時、滝行にひどく憧れて「滝に打たれたーい」と言っていたこともあるけれど、滝に打たれにいくよりも頻繁に浄化されて鍛えられて、コンビニエンスだけれど悪くないな、と思う。

小さい頃から子供は抱いて育てた方がいいっていうし、スキンシップはすごく大事だと言う意見とその反対の意見があるけれど、私は前者がいいと思う。人の暖かみだとかふれられるという喜びは性別や年齢に関係なく人を癒し、安らかな気分にする。だから女の人はエステにいくし、男の人はお姉さんに触ってもらいにいく。笑

愛する身近な人でなくてもいいぐらいなら、自分で自分にスキンシップしてやれば、他人が満たしてくれるよりは少なくても緩まっていくものがあるだろう。そう言うものが必要だってことを自分で実感するのにこのサイクルは悪くないと思う。

自分自身を大切にする仕方、大切な人を大切にする仕方。
言葉ではなく、「何をするか」って言う行動によるんだって言う気持ちは日に日に強まっていく。
それは自分自身に対してでも同じこと。
誠実に、態度で示すこと。自分自身も大切な人もきちんと思いを理解して応えてくれる。

イチローがすごいっていうけれど、それはみんなこういうことが実行できないからだと思う。
彼はその習慣化を幼い頃にお父さんときちんと積み上げてきた。
だから謙虚だし、行き着く先も知っている。
大切なことはいつだってシンプルだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です